助産師のやる気まんまんブログ


by uoxjngkzwh

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 市税などの滞納整理にあたっている千葉県船橋市の債権回収専門チームが成果を上げている。

 設置2年目の2009年度は約1億8500万円を回収した。歳入アップを図りたい自治体や議会の視察が相次いでいる。

 このチームは、納税課にある「債権回収対策室」。メンバーは永嶋正裕室長以下、職員8人。回収の対象は、裁判所の決定がなくても、法律に基づき、自治体が滞納者の財産差し押さえなどによって強制回収できる「公債権」で、市税、国民健康保険料(国保料)、保育料、下水道使用料など9種類。「担当課は通常の業務で忙しい。専門スタッフが回収に当たった方が市全体として効率が良い」(永嶋室長)と、支払い能力があるのに払わない悪質滞納者の債権を一元管理している。

 滞納者は、市税や保険料など複数種類を滞納しているケースが多く、滞納をすべて洗い出した上で給与や預貯金など、滞納者の財産を調査、警告書を送るなどして連絡がなければ預貯金などを差し押さえる。

 滞納者との交渉では、相手から経済状況を聞き出し、数年にわたる分納の設定など、双方が納得できる解決を探る。多重債務を抱えている場合は法的整理を勧めることも。連絡が取れなくても住所が市内にある限り財産を調査し、差し押さえる。「会話は優しく。中身は厳しく」と永嶋室長は交渉術の心得を話す。ほとんどの滞納者は滞納を自覚しており、職員の話し方や態度を反撃の材料とするケースが多いためだという。

 09年度の回収は、市税9672万円、国保料4508万円、下水使用料2253万円、保育料1188万円など。一方、子どもが多く生活に困窮している事情などがある場合は回収の停止や猶予も行い、09年度は111件約1840万円について停止・猶予した。

 こうした取り組みに、2月までに全国35の市や市議会が視察に訪れた。今月17日には、木更津市議5人が訪れ、国吉俊夫市議は「債権回収を専門チームに一元化することで、それ以外の部署が本来業務に集中でき、効率的だという点が大変参考になった」と話していた。

 船橋市の08年度の滞納総額は公債権だけで114億円。これ以外に、市には市営住宅家賃など、強制徴収できない「私債権」が52種類ある。市は今後、こうした債権も取り扱いを対策室に一元化し、迅速に提訴できるよう条例を整備する方針だ。

小沢氏、嫌疑不十分で不起訴に…陸山会事件(読売新聞)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
金星探査機21日打ち上げ=H2A延期で―種子島(時事通信)
首相動静(5月19日)(時事通信)
将棋 文部科学相と総務相にアマ五段免状(毎日新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-05-27 14:26
 パロマ工業(名古屋市)製のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒死事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長小林敏宏(72)、元品質管理部長鎌塚渉(60)両被告の判決が11日、東京地裁(半田靖史裁判長)である。検察側は小林被告に禁固2年、鎌塚被告に禁固1年6月を求刑。弁護側は無罪を主張していた。
 製品自体の欠陥ではなく、修理業者の不正改造によって引き起こされた事故で、メーカー側トップの過失責任が問えるかが焦点だった。
 検察側は、事故情報を統一的に把握していた両被告だけが全国的な対応を取ることが可能だったのに、抜本的な対策を取らなかった過失があると指摘。過去に死亡事故が多発しており、事故は予測できたとしていた。
 これに対し弁護側は、修理業者は別の事業体で、2人には製品の点検や回収をさせる義務はなかったと主張。注意文書の配布や講習会の開催など、事故防止に必要な対応は取っていたとした上で、「事故は予見できず、回避もできなかった」と無罪を訴えていた。 

【関連ニュース】
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張
重体の女性が死亡=東京・足立のアパート放火
北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴-14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装
排煙設備が基準満たさず=窓に板、機械なく

鶴見川に全裸女性遺体=袋に入れられ、重りも? −横浜(時事通信)
71歳夫婦留守の間、1200万円金庫盗難(読売新聞)
横浜教組、教科書不使用を指示 自由社版中学歴史  (産経新聞)
元巨人・堀内恒夫氏が事務所開き 東京ドームの目の前(産経新聞)
<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-05-18 18:37
 9日午前9時50分ごろ、奈良県斑鳩町目安のJR関西線王寺−法隆寺間の西目安踏切(警報機、遮断機あり)付近で「線路内に人が立ち入っている」と、近くの人からJR西日本に通報があった。法隆寺駅員が線路脇にカメラの三脚を見つけて回収。人はいなかったが、安全確認のため列車が徐行運転し上下2本が部分運休、5本が最高16分遅れ約1300人に影響が出た。

 奈良県警西和署によると、三脚の持ち主は列車の撮影に来ていた兵庫県の男性(50)。男性は車で1人で撮影に来ていたという。JR西日本は、場所が踏切付近のため、被害届は出さないという。

 「撮り鉄」と呼ばれる列車撮影愛好家の行動では2月14日、大阪府柏原市で臨時お座敷列車の撮影者がJR関西線線路内に入り、運行に支障が出た。JR西日本大阪支社総務課は「撮影は線路外というルールを守ってほしい」と呼びかけている。【山田宏太郎】

【関連ニュース】
初代ミニ新幹線:400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕
最終列車:「北陸」「能登」に惜しむファン多数 上野
掘り出しニュース:鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮
メイドトレイン:レトロ列車がメイド喫茶に 「コミケ水戸」と連動 茨城県湊線・大洗鹿島線で
第259回 帰ってきたザジ

原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
訪問介護の院内介助、必要に応じて算定可能―厚労省(医療介護CBニュース)
<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
子ども手当居住要件「見直していく」…刷新相(読売新聞)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-05-11 02:37