助産師のやる気まんまんブログ


by uoxjngkzwh

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」は19日、府選挙管理委員会に政治団体の届け出をし、発足した。府と大阪市の再編による「大阪都構想」など知事の政策実現を目指す事実上の「橋下新党」で、参加議員は府議だけでなく大阪、堺両市議にも拡大。高い知事人気を背景に同名の議会内会派が府議会ではすでに2番目の勢力となっており、来春の統一地方選では、両市議会を含めそれぞれ過半数獲得を目指す。

 首長自らが代表となり、議員と連携して複数の議会にまたがる地域政党を結成するのはきわめて異例。発足時の参加者は府議24人、大阪市議1人、堺市議5人の計30人。他に加入を検討している議員が数人おり、勢力はさらに拡大する見込み。

 新党の基本政策は大阪、堺など11市を20の特別区に再編し、住民サービスを行う基礎自治体と交通網の整備など広域にまたがる政策を進める広域行政体に分ける大阪都構想や大阪(伊丹)空港の廃港など。

 この日、大阪市内のホテルで行われた発足式で橋下知事は「大阪は世界で10本の指に入る能力があるのに、行政の仕組みがとんでもないから凋落(ちょうらく)している」と指摘。「政治が大阪を変える。既存政党との大戦争になるが、大阪を変えるため前に進んでいく。今日から本当の意味での戦いが始まる」と決意を語った。

 民間を中心に大阪維新の会を応援する政治団体「経済人・大阪維新の会」も22日に発足する。

【関連記事】
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」
「維新の会」、大阪府議会で単独第2会派に 橋下新党きょう旗揚げ
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット

普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
携帯ポケットにコタツ→やけど、男性が逆転勝訴(読売新聞)
マンション通路で男性死亡=腹部などに刺し傷、外国人か−三重県警(時事通信)
<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
両陛下、多摩森林科学園へ(時事通信)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-04-24 09:09
 みんなの党の江田幹事長は19日、衛星放送「BS11」の番組で、夏の参院選の目標として「比例選で800万票以上、(地方選挙区とあわせて)10議席以上の獲得」を掲げた。

 江田氏は、「比例選で7人前後取りたい。比例と選挙区あわせて30人以上(公認候補を擁立したい)。何県か、1人区でも立てようと思っている」と述べた。

 また、「たちあがれ日本」や「日本創新党」との連携については、「両党とも保守というより、国家主義的な政党だと思っているので、その辺がネックになる。加えて、たちあがれ日本は、財政再建至上主義みたいなところがある」と語り、否定的な考えを示した。

気勢上げる小渕さん…八ッ場ダム推進町長再選で(読売新聞)
日航など計10便が欠航=アイスランド火山噴火(時事通信)
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」(産経新聞)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に−気象庁(時事通信)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-04-21 17:09
 “あの人”が逝ってちょうど1年がたつ−。ねじり鉢巻きで原稿をまとめていると携帯電話が鳴った。上坂冬子先生が亡くなったという知らせだった。取る物も取りあえず、雨中を車で病院に駆けつけた。車窓を眺めていると、上坂先生との仕事の数々が、回り灯籠(とうろう)のようによみがえってくる。

 ご遺体は霊安室に安置されていた。棺の窓から拝顔すると、薄く化粧がほどこされ、穏やかな表情で眠っているようだった。ご遺族にうかがうと、苦しまずに逝かれたという。合掌したままどれほどたたずんでいただろうか。上坂先生には、本当にお世話になった。

 口幅ったいが、編集者としての私に上坂先生は年若い“戦友”といった信頼と親しみを寄せてくださり、一仕事終えるたびに、「戦中派だからね。“欠食児童”じゃないかって気になるのよ」とよく飯をご馳走(ちそう)してくださった。

 亡くなるひと月ほど前。「桜を見に行きましょう。目黒川沿いに先生のお好きな骨董(こっとう)や工芸品を扱っている知人の店があるので、花見のあとは職人の手仕事を見る、というのはどうですか。そのときはおかげで少し太った“欠食児童”にご馳走させてください」と言うと、「いいわねえ。でもちゃんと(軍資金を)もらってる?」と懐具合を心配してくださり、ふたりで大笑いした。回復されると信じていたが、その後容体が悪化、「お花見は来春の楽しみに」と手紙を出した直後の訃報(ふほう)だった。

 「残った人たちに迷惑をかけるのは嫌。だいたい葬式に行っても、死んだ本人には会えないんだから」と話していた上坂先生のご遺志で、葬儀は近親者だけで行われた。しかし、「きちんとお別れを告げたい」という同友の編集者と語らって「上坂冬子さんに“一喝”される会」を6月末に東京・九段会館で開いた。献花のための花は何がいいかを弟さんにうかがうと、「花を愛(め)でるよりも書きたいテーマに突進していくひとだった」。花見の誘いを喜んでくださったのは気遣いだったのか。

 上坂先生が逝ってすぐ、ライバル誌『諸君!』が休刊した。同誌を〈「紅旗征戎」をわが事に論ずる雑誌〉と表したのは山本夏彦氏だったが、上坂先生もまた「風流韻事」は脇においての永い言論活動だった。今の民主党政権をご覧になったら何とおっしゃるか−。

 「あんた、『正論』がやるべきことは分かっているわね」という懐かしい一喝が聴こえてくる。(雑誌「正論」編集長 上島嘉郎)

【関連記事】
今こそ上坂さんの一喝がほしい
上坂冬子さんを偲び「“一喝”される会」に約70人
【正論】田久保忠衛 4島譲歩では上坂さんも泣く
日本人の矜持守り抜く 上坂冬子さん死去 
軸のぶれない姿勢に敬服 張富士夫トヨタ自動車取締役会長 上坂冬子さん死去
外国人地方参政権問題に一石

井上ひさしさん「少し時間を」…母校の校歌未完に(読売新聞)
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴−水戸地裁支部(時事通信)
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会(産経新聞)
“KARAOKE”発明者のリストに12人(産経新聞)
参院選に政治生命懸ける=自民総裁(時事通信)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-04-19 20:22
 滋賀県草津市の旧東海道沿いで25日に開かれる「草津宿場まつり」の呼び物として、昨年から企画された女性みこしの参加者が集まらず、主催者が困惑している。約40年続く祭りの“新しい華”として期待されるが、締め切りだった3月末までの応募は定員の4分の1以下にとどまり、実行委員会は締め切りの撤廃を決めた。「ギャルみこし」は全国各地の祭りで取り入れられているが、地方都市では人集めで苦戦を強いられているようだ。

 草津宿場まつりは昭和44年に始まり、メーン行事の時代行列が楽しめる湖国の春の恒例イベント。だが、マンネリ感もあったため、草津市などでつくる実行委は昨年初めて「来恋(こいこい)みこし」を企画し、女性30人を募集した。

 ところが、この名称が「恥ずかしい」と不評で、締め切りを約2週間延長してようやく29人を集めた。今年は名称を「来来みこし」に改めて期待をかけたが、締め切りの3月末では定員30人に対し、応募はわずか7人。7日午前現在でも9人にとどまっている。このため実行委は、締め切りを撤廃し、ぎりぎりまで募集を続けることにした。

 若い女性がはっぴ姿で練り歩く行事は、大阪の夏の風物詩、天神祭に合わせて地元商店街で行われる「ギャルみこし」が有名。担当者によると、定員70人に対して毎年200人程度の応募がある“買い手市場”で「参加者は関西全域から集まってくれる」という。

 だが、草津宿場まつりと同様に、地方のイベントでは人集めに苦心しているようだ。

 埼玉県寄居町の「よりい夏祭り」では20年以上前から女性みこしを続けているが、町人口は3万人余りで、毎年頭を悩ませる。事務局では、10回以上参加した人を表彰したり、一度参加した人に直接はがきを送ったりするなど、あれこれ工夫を凝らしており、「町ぐるみで盛り上げることが大切。役場の女性職員も積極的に参加している」という。

 草津市でも「若い女性がはっぴ姿で歩くのは恥ずかしいのかもしれないが、新しいまつりの名物にしたいという思いは変わらない」(市担当者)といい、「関心のある人は、まず連絡を」と呼びかけている。

 草津宿場まつりの女性みこしは、市外在住者も参加可能。問い合わせは実行委(TEL077・566・3219)へ。

鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」(産経新聞)
知的障害の女性暴行容疑で逮捕 千葉(産経新聞)
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕−警視庁(時事通信)
盗難 「船に乗れ!」作者のチェロ 都内の書店で(毎日新聞)
容疑者、パトカーに覚せい剤=連行時「隠した」−奈良県警(時事通信)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-04-12 19:59
 モンゴルは1日から、観光目的で入国する日本人旅行者の査証(ビザ)を免除する措置を取った。

 30日以内の滞在は査証不要となる。

 モンゴルのレンツェンドー・ジグジッド駐日大使は同日、都内で記者会見し、「ここ数年、年間1万5000人の日本人観光客を毎年2500〜3000人ずつ増やしたい」と述べた。

 同国のミアットモンゴル航空は、ビザ免除による需要増を見込み、観光シーズンの8月、ウランバートル・東京間の便数を昨年までの週3往復から4往復に増やすという。

【視点】長官銃撃の捜査結果 まずは捜査「完敗」の検証(産経新聞)
比例候補、一定割合女性に=共同参画計画で言及検討−政府(時事通信)
82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
関東に“嵐”、通勤の足などに乱れ(産経新聞)
時効2日前に女性暴行の男を起訴 DNA鑑定で発覚(産経新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-04-07 19:18
 2日午前8時半ごろ、東京都台東区の上野公園で、園内の通路脇に植えられていた木が根元から倒れているのを、同公園管理事務所の職員が発見した。同9時ごろには別の場所で、倒れた桜の木も見つかった。いずれも強風が原因とみられる。
 都東部公園緑地事務所によると、同公園には1日、延べ約20万人の花見客らが来園。2日も多くの来園者がいたが、木が倒れたのはいずれも花見に適した場所から離れており、けが人はなかった。 

【関連ニュース】
桜の名所、人気トップは吉野山=知りたい情報は「満開日」
逃走のニホンザル公開=柵で対策、落ち着いた様子
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半
女性脅しホテルで乱暴=容疑の42歳男逮捕

救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>公安当局の説明になお疑問も(毎日新聞)
「教祖意思で組織的テロ」=異例の捜査概要公表−長官銃撃時効で警視庁(時事通信)
小児の臓器提供 児相通告事案は見合わせ 厚労省ガイドライン(産経新聞)
送迎バス 壁に衝突し炎上 運転手死亡、10人軽傷 大阪(毎日新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-04-02 16:21