助産師のやる気まんまんブログ


by uoxjngkzwh

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 政府は2月12日の閣議で、「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案」などを決めた。

 同法案では、市町村国保の保険料軽減のために、▽国や都道府県による財政支援措置を4年間延長する▽都道府県単位による広域化を推進する▽保険料滞納世帯でも医療の現物給付が受けられる子どもの対象を中学生以下から「高校生世代以下」へ拡大する―としている。
 また、全国健康保険協会(協会けんぽ)の逼迫した財政状況を考慮し、2012年度までの3年間、国庫補助率を13%から16.4%に引き上げるほか、後期高齢者支援金の負担方法に「総報酬割」を導入するなど、財政再建のための特例措置を講じる。

 このほか厚生労働省関係では、「児童扶養手当法の一部を改正する法律案」も閣議決定された。


【関連記事】
国庫負担肩代わりに反対運動展開へ−健保連
「都道府県単位」も市町村の役割重視を−高齢者医療制度改革会議
市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議
協会けんぽの国庫補助率引き上げ、交渉は難航−厚労省担当者

「異常死隠すため病室に運んだ」=主治医塚本容疑者−手術記録も所在不明・奈良県警(時事通信)
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)
大丸神戸店の現場も確認=高級腕時計窃盗で香港捜査員(時事通信)
<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
南青山の強殺 無職の男を起訴(産経新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-16 09:06
 北沢俊美防衛相は12日、ハイチ大地震の救援活動のため最初に派遣した国際緊急援助隊の自衛隊部隊に対し、13日付で活動の終結命令を出した。緊急援助隊は、1月23日から被災者2675人に医療活動をした。18日にまず約130人が帰国する。一方、復興支援のため5日に国連平和維持活動(PKO)への派遣命令が出された自衛隊部隊は、既に約140人が現地入りしている。【仙石恭】

【関連ニュース】
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認
ハイチ大地震:日本郵政、義援金送付無料に
ハイチ大地震:助け合う市民 ボランティアの動き広がる
ハイチ大地震:「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声

<外国人選挙権>8県議会が反対に転向(毎日新聞)
首相がトップ、2位は邦夫氏…衆院資産公開(読売新聞)
<囲碁>小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)
【中医協】診療側委員が改革を目指す声明を発表(医療介護CBニュース)
夫の連れ子を虐待死?傷害容疑で26歳母親逮捕(読売新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-15 08:07
 自民党が9日の衆院予算委員会で、2010年度予算案で社会保険事業運営費の一部に年金保険料が充当されているのは、「保険料の流用禁止」をうたった民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に違反していると追及、審議がたびたび中断する場面があった。
 予算案では、年金手帳作成などの事務的経費である社会保険事業運営費4475億円のうち、年金保険料から2046億円が充てられている。自民党の大村秀章前厚生労働副大臣は、民主党が「年金保険料は年金給付だけに充当することを法律で定める」と公約に明記したことに触れ、長妻昭厚労相らに整合性をただした。
 厚労相は流用を認めた上で、「初年度で実現できないのは遺憾だが、4年間で努力していく」と苦しい答弁に終始。鳩山由紀夫首相も「(公約では最初の)1年で実施する事業は、そう書いてある。年金保険料の流用禁止はそれ以外だ」と説明したが、大村氏は「公約には『4年間で』とは書いていない。明らかに違反だ」と反発した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏「これ以上の説明はない」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<国立大学法人>文科省評価委分科会が中期目標原案を了承(毎日新聞)
日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
隠岐病院 70代女性患者窒息死 呼吸器、故意に外される?(産経新聞)
自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線(産経新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-13 09:12
 9日午後11時ごろ、徳島県三好市池田町サラダのJR阿波池田駅の改札口付近で、同市内に住む県立高校3年の男子生徒(17)が突然、背後から来た男にナイフ(刃渡り約13・5センチ)で背中を刺された。高校生は近くの病院へ運ばれ、腰に全治1カ月以上の重傷。男は駅前でタクシーに乗り、現場から逃走した。

 三好署は殺人未遂事件として緊急配備して捜査。タクシーを降りた付近住民からの通報で署員が不審な男の身柄を確保、事件との関連を調べている。

 同署によると、高校生は大学受験からの帰りで、岡山駅から特急列車で阿波池田駅へ到着した直後だった。男については「まったく知らない」と話しているという。

【関連記事】
深夜、駅で高校生刺され重傷 徳島
拳銃マニア、手製の拳銃4丁所持で逮捕 大阪府警
亀井氏釈明「不適切」 連続児童殺傷引用
犯人は20代の男 愛知3人殺傷事件
職質に「道」あり 市橋容疑者逮捕に生きた99カ条

ノリタケ3億円横領容疑の男「すべて競馬に」(読売新聞)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
<窃盗>自転車盗んだ疑いで海自隊員を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢氏幹事長続投「頑張って」と言っていない(毎日新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-12 12:33
 「お寺で修行体験をしてみませんか」−。静岡県袋井市観光協会は、市内にある宗派の違う五つの寺を回り、僧侶として修行を体験するツアー「三日坊さんの旅」を企画した。まちおこしと観光PRの一環で、2009年に4回行ったモニターツアーの意見を踏また。同協会は「(市内に)あるものを探してつくったツアー。宗派の違う五つのお寺が協力してくれるのは全国的にも珍しい。日常生活を離れ、非日常体験の修行で心のあかを取っていただければ」としている。
 ツアーで回る寺は、701年に開山した真言宗の「油山寺(ゆさんじ)」を始め、8世紀に創建された四つの古刹(こさつ)と室町時代初期に開かれた曹洞宗の禅の道場として名高い「可睡斎(かすいさい)」。それぞれの寺では、掃除などの作務、座禅、写経などを行うほか、精進料理を食べ、おいしいお茶のいれ方を学ぶ。修行のクライマックスの滝行では「身も心も引き締まる」(同協会)とか。ツアー終了後には、修了証書がもらえる。
 日程は、第1回が2月13〜14日の1泊2日、第2回が2月26〜28日の2泊3日の2コースで、それぞれ15人限定。2009年度はこの2回だけだが、同協会は「10年度も数回スケジュールを組んでやりたい。次回は夏の予定」と話し、再び「修行僧」を募る考えだ。 

【関連ニュース】
〔写真〕日常生活離れ「三日坊さんの旅」=静岡県袋井市
〔地域の情報〕建設進む九州新幹線「新玉名駅」=熊本
〔地域の情報〕「合掌犬」に警察が感謝状=交通安全協力で
〔地域の情報〕まゆのひな人形、制作ピーク=長野県須坂市
〔地域の情報〕復元進む遣唐使船=奈良

浮島現象 タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
天皇陛下、ノロウイルスに感染…経路は不明(読売新聞)
ナイフで脅し150万円強奪か=黒ずくめの男、けがなし−警視庁(時事通信)
<掘り出しニュース>小林一茶の俳句、新たに見つかる(毎日新聞)
陸山会のマンション、小沢氏へ謎の所有権移転(読売新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-11 08:04
 井坂栄さん67歳(いさか・さかえ=前イトーヨーカ堂社長)7日、多臓器不全のため死去。葬儀は11日午前11時半、東京都文京区大塚5の40の1の護国寺桂昌殿。喪主は妻芳子(よしこ)さん。

伊丹空港廃止、国交省が検討…橋下知事明かす(読売新聞)
<坪田譲治文学賞>濱野さんの「トーキョー・クロスロード」(毎日新聞)
<森繁さん偲ぶ会>枚方市民ら1200人「知床旅情」合唱(毎日新聞)
小笠原で海底火山噴火 「領土拡大」の夢ふくらむ(J-CASTニュース)
衆院予算委 公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-10 08:00
 ◇診断基準統一化の動き 人体図使い問診/抗不安薬で症状改善

 胃痛や胃もたれが続くのに、検査結果は「異常なし」−−。こんな症状が特徴なのが機能性胃腸症(FD)だ。発症の仕組みについて、ストレスなどの心理面の影響も指摘されるが、目に見える異常がないため、周囲の理解を得られないことも多い。関連学会では保険適用を目指し、統一した診断基準作りを模索している。

 代表的な症状は胃痛、胃もたれのほか早期満腹感、みぞおちの灼熱(しゃくねつ)感など。以前は慢性胃炎と同じと見られていたが、胃の粘膜保護薬を処方しても症状が改善しないため、80年代ごろから医療関係者の間で注目されてきた。99年には国際診断基準も作られている。

 東北大病院(仙台市青葉区)の本郷道夫総合診療部教授(消化管生理機能)らが全国1万人以上を対象に行った調査では、全体の14%が該当する症状を経験したと回答した。本郷教授は「胃もたれ、胃痛の原因は胃の運動機能が低下したり、胃酸の分泌が過剰になることで起きている」と話す。

 大阪市立大病院(大阪市阿倍野区)の富永和作准教授(消化器内科)によると、主な患者は50〜60代。女性が男性の倍ほどになるという。最近は20〜30代の女性も増えている。

    □  □

 検査で異常が見つからないうえ、発症の仕組みも分からないため、診断は患者に対する問診が頼りだ。しかし内臓の痛みの程度や部位を他人に的確に伝えることは難しい。

 大阪市大病院では08年から人体図を使った問診を導入した。みぞおち周辺(図の(3))に半年以上前に表われた強い痛みや不快感が、直近の3カ月で週1回以上続いた場合にFDと診断されるという。富永准教授は「『胸やけがする』と下腹部をさする患者もいる。図を使うことで症状が理解しやすくなった」と話す。

 内視鏡検査でかいようやがんなどの疾患がないことを確認したうえで、投薬による治療となる。胃痛には胃酸分泌抑制薬、胃もたれには胃腸機能改善薬を処方するケースが多いという。

 患者への精神的なケアも重要だ。洛西ニュータウン病院(京都市西京区)の中井吉英心療内科部長は「症状が続くのに『気のせい』と一蹴(いっしゅう)されると患者は不安になり症状が悪化する。患者の話を聞き不安を取り除くことが必要」と指摘する。

    □  □

 FDは心理面との関係も深い。本郷教授らの実験では、内視鏡検査で「異常なし」と告げられた患者の3割で症状が消えたり、効果のない薬を投与しても5割で症状が改善する「偽薬効果」が確認されたりした。また本郷教授は「診察したFD患者の約半数はうつ症状があった」と話す。

 これらの作用に関係するとみられるのが神経伝達物質セロトニンだ。セロトニンは脳内で感情制御にかかわり、胃腸では脳の指令を伝える“潤滑油”として働いている。

 富永准教授らが08〜09年にFD患者と健康な人の脳内のセロトニンを調べたところ、健康な人に比べFD患者では分布の偏りを示唆する結果が確認された。一方、うつ症状を訴えるFD患者に、脳のセロトニンの働きを促進する抗不安薬を投与すると、抑うつ・不安状態の解消に加えて胃腸症状も改善した。富永准教授は「心理的な問題が先か、胃腸の不調が先かは分からないが、セロトニンを介して互いに影響し合っていることは間違いなさそうだ」と話している。【林田七恵】

岐阜市長に細江氏4選(時事通信)
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 民主・山岡氏(産経新聞)
厚労省元部長が証言翻す 郵便不正、民主議員の口利き「なかった」(産経新聞)
銃撃漁船を規則違反で調査=情報空白、区域外操業の疑い−海保(時事通信)
神奈川県警の不正経理、国費含めて14億円(読売新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-09 13:34
 【オタワ時事】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が5〜6日(日本時間6〜7日)、カナダ北部のイカルウィットで開かれる。日本からは、閣僚として国際会議に初めて参加する菅直人副総理兼財務相と、白川方明日銀総裁が出席。菅財務相は2010年度予算案や新成長戦略、6月までに策定する中期財政フレームなどを説明。内需拡大を掲げる鳩山政権の経済財政運営について、各国の理解を得たい考えだ。
 今回のG7は恒例の共同声明を出さず、各国当局のトップによる率直で自由な意見交換を優先する予定。事前に事務方が議論の内容を詰める従来のG7と異なり、「不確実な部分が多い」(財務省幹部)ため、菅財務相に掛かる負担は大きい。
 会議では、金融危機後の財政出動に伴って悪化した各国の財政状況や、日本の内需拡大策も話題になりそうだ。菅財務相は、6月までに財政健全化目標を作成する方針や、10年度予算案に盛り込んだ子ども手当などを説明するとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

グアム視察「海兵隊移転で」=官房長官(時事通信)
【科学】強度こんにゃくの500倍 東大が水分98%の新物質開発(産経新聞)
NHK職員が公然わいせつ=容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
女子大生遺棄犯人像「帰宅ルート周辺に住む男」(読売新聞)
ツーコインで糖尿病検査の新サービスを開始−ケアプロ(医療介護CBニュース)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-08 20:13
 日本医師会の中川俊男常任理事は2月4日の定例記者会見で、中央社会保険医療協議会が審議している来年度診療報酬改定の個別項目(入院)について、これまでの議論に関する日医の見解を発表した。一般病棟の15対1入院基本料を引き下げるとする厚生労働省の方針に対しては、地方の看護師不足などから反対の立場を強調。一般病棟の7対1、または10対1入院基本料で看護職の月平均夜勤72時間以内の要件(夜勤72時間ルール)のみを満たせない場合に減額を一定程度抑える“救済案”についても、中川常任理事は「そういうものをつくることで、72時間が(算定要件として)固定化される。根本的な解決にはならない」との考えを示した。

 この日の会見では、(1)一般病棟の15対1入院基本料の引き下げ(2)夜勤72時間ルール(3)「栄養サポートチーム(NST)」や「呼吸ケアチーム」に対する加算など、チーム医療への評価(4)「介護支援連携指導料」の新設―の4点に関する見解を発表した。中医協の総会は(3)と(4)について、既に了承している。

 チーム医療の必要性について、中川常任理事は「全く異論はなく、賛成」との考えを強調。NSTと呼吸ケアチームに関する加算の施設基準などで、専門の研修が要件となっている点に関しては、地理的な理由などで職場を離れられない医療者も多いため、「提供されている医療そのものを評価するよう工夫してほしい」と要望した。
 一方、医療スタッフとケアマネジャーとの連携を促し、退院後のスムーズな介護サービス導入につなげる「介護支援連携指導料」については、「今回改定での新設に反対」との立場を改めて強調し、まず2008年度の報酬改定で新設された「退院時共同指導料2」を検証するよう求めた。

■72時間ルール緩和、「診療側はあきらめないで」

 来年度改定での夜勤72時間ルール緩和について、中川常任理事は「(中医協の)診療側の委員の方々はあきらめないでほしい。頑張っていただきたい」と述べ、「全面的でなくても、道筋は最低限付けてほしい」と求めた。一方、日本看護協会が主張している64時間への厳格化に対しては、「論外だ。全国的な看護師不足の中で、地域医療の現場をどう考えているのか」と切り捨てた。


【関連記事】
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設
【中医協】長期入院、毎月の「退院支援状況報告書」で減額せず
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示−厚労省

知人女性から7000万詐取か=「遺産で返す」−容疑で59歳女逮捕・警視庁(時事通信)
<節分>「福は内、福は内」成田山新勝寺 朝青龍は欠席(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴(毎日新聞)
<火災>民家全焼 焼け跡から遺体 千葉・四街道(毎日新聞)
<掘り出しニュース>絵手紙発祥の地・狛江に巨大壁画(毎日新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-07 21:33
 殺人容疑で逮捕された木島佳苗容疑者(35)は、勾留(こうりゅう)されている県警川越署では3食ちゃんと食事をとるなど、落ち着いた様子だという。一方、調べに対しては、平成21年9月の逮捕当初は詐欺容疑を認めていたが、10月に事件が報じられると一転してほぼ黙秘するようになったという。

  [イメージで見る]木島容疑者と死亡した男性たちとの関係

 捜査関係者は、川越署の女性専用の留置場に勾留中の木島容疑者について「おとなしいというのが一番の印象。度胸があるというか、食事は普通に食べている」と明かす。暴れたり、看守とトラブルを起こすこともなく、睡眠も十分にとれているようだ。

 一見、ふてぶてしいようにも映る木島容疑者。ただ、マスコミへの露出には神経質になっている様子だ。

 これまで、殺人以外の詐欺容疑などで6回逮捕されているが、送検時に木島容疑者は、待ち受ける報道陣のカメラの列を避けるように顔をカーディガンで覆っていた。捜査関係者によると、木島容疑者はカメラに写されることのない署内でも、顔をしっかりと隠していたという。

 「木島容疑者は仏さん(被害者)の顔は見ていないだろう。殺人を犯した実感はないんじゃないかな」。ある捜査関係者はこうつぶやいた。

【関連記事】
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死
「尽くします」メールは同一文面 木島容疑者、手当たり次第に送信
ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査
結婚詐欺の木島容疑者を殺人容疑で再逮捕 
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず

神戸で住宅全焼、女児1人死亡・2人心肺停止(読売新聞)
次官から局長へ降格可能…内閣人事局方針(読売新聞)
普天間継続使用を否定=鳩山首相(時事通信)
大久保秘書、関与ほのめかす供述=石川議員の報告了承か−04年分の虚偽記載(時事通信)
小沢幹事長の続投、首相が意向表明(読売新聞)
[PR]
by uoxjngkzwh | 2010-02-07 01:15